頭痛・偏頭痛・緊張型頭痛・後頭部痛について

頭痛で悩んでいる人は多く、頭痛薬に頼って、常備薬をハンドバックや財布に入れているという方も周りで多くいます。

あぶないのは、脳腫瘍や脳内出血、脳梗塞による頭痛です。

40代に近づいてきた私の周りでもこれまで何も兆候がなかったのに、

急に激しい頭痛とめまい、吐き気におそわれ、頭痛外来へ行ったところ、良性の脳腫瘍があったという方がいました。

脳卒中で倒れたという話も耳にします。

いつもと違う頭痛や手足のしびれが伴う頭痛や耳鳴り、吐き気を伴うような場合、

命にかかわることもあるので、まずは専門の病院でMRIを撮ってもらうことが大切です。

ただ、やはりこういった病気が見つかることは少なく、多くの場合、問題がないので、

ストレートネックや肩こり、ストレスが原因と言われ、鎮痛剤と胃薬を処方されて様子をみてください、ということが多いのです。

首のカーブがすくないと頭をうまく支えられなくなってしまい、首の筋肉に負担がかかり、首周囲の筋肉の緊張から

頭の筋肉まで緊張してしまい、こめかみや後頭部の痛みがとして頭痛がおこるのが緊張型の頭痛のようです。

こうした頭痛の場合、整体やマッサージ、針治療やカイロプラクティックで筋肉の緊張を整えていくと

頭痛が出にくくなってきます。

私自身、肩こりと頭痛もあったのですが、マッサージをうけるだけでも頭痛がやわらぎました。

ただ私の場合、筋肉をほぐしただけではだめで、骨格の矯正をしてもらった方が、首回りがすっきりして

頭痛が出にくくなりました。

偏頭痛は緊張型頭痛より症状を軽減させるのに時間がかかると言います。

血管の拍動の強さによって起こるのが偏頭痛なのですが、血管も神経によって支配されていて

神経が拍動を強めたり弱めたりしているようなのです。

この神経の働きをおさえられると拍動による頭痛もおさまってくるとか。

神経の興奮を抑えるにはカイロプラクティックがいいようです。

カイロプラクティックは背骨から出てくる神経の流れを調整して症状をとっていくもののようなので、

偏頭痛がおきたらカイロプラクティックをうけると良さそうです。