肩こりについて

肩こりの原因には様々な要因があります。

  1. 悪い姿勢
  2. 体型
  3. ストレス
  4. 眼精疲労
  5. 首・背中の背骨や肩の関節の異常
  6. 内臓の病気
  7. ホルモン
  8. 運動不足
  9. 筋力不足
  10. かみ合わせ

1.悪い姿勢は頭の位置が関係しているようです。

頭の位置が背骨の上にないと重心のバランスが崩れてしまい、頭を支えるために首や肩の筋肉が疲れやすくなってしまうため、いい姿勢でいることが大切になります。

 

2.体型は、撫で肩や丸い背中、肥満体形などがあげられます。

撫で肩になると肩甲骨が下がって腕を支えるのに肩の筋肉に負担がかかりやすくなってしまいます。

肥満体形も同様に腕の重みが首や肩に負担がかかり肩が凝りやすくなってしまいます。

丸い背中は肩甲骨が前に入りやすく重心のバランスをくずしやすくなってしまうため、肩の筋肉がつかれやすくなってしまいます。

 

3.ストレスは無意識に筋肉が緊張しやすくなり、身体も休まりにくくなり、疲れがたまりやすくなってしまい、

結果的に肩こりをひきおこしやすくしてしまいます。

 

4.眼精疲労はパソコンにむかう時間が長かったり、細かいものを見る時間が長く続くと、目の筋肉や視神経の疲弊により、頭痛や肩こりの原因になってしまうようです。

 

5.首や背中の背骨の関節がずれたり、曲がっていたりしていると重心のバランスがわるくなり、うまく頭を支えられなくなってしまい、首や肩のこりの原因になってしまいます。

肩の関節も同様に肩の動きが悪いと肩のだるさや腕の違和感の原因にもなります。

 

6.内臓の病気で肩こりを感じる場合、左側の肩こりは心臓、右側の肩こりは肝臓の病気が関係していると言われていますので、片側に強い肩こりを感じる場合は病院へ行きましょう。

 

7.ホルモンのバランスで肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。月経前に身体がだるくなったり、むくみやすくなったり、更年期の影響でも肩が凝りやすくなることもあります。

 

8.運動不足は、同じ姿勢で仕事をしている方に多く、そういう方は運動して血液を流してあげることで肩こりが解消されるので、週に1回でもジョギングや水泳などをするといいようです。

 

9.首や頭を支えるのにも筋力が必要になってくるので、あまりにも痩せすぎていると筋肉の量も少なくなっているので、疲れやすく、すぐに肩や首がこってくるという症状が出てくるようです。運動不足と同様に身体を鍛えるということが必要になってきます。

 

10.かみ合わせも首や肩に影響しているようなので、顎がうまく動かなかったり、食いしばりや歯ぎしりがあって、肩もこりやすいという方はかみ合わせが原因になっているかもしれません。